2009年 06月 02日 ( 1 )

和解して欲しい

先週の火曜日、私とルーニーがお部屋で遊んでいました。
そこへWINがトコトコと輪に入って来た。
ルー...「何で・・・」
WIN...「ん・・・」
ガルルルウウーーーー
やってしまいました。
c0131360_221533100.jpg

↑の写真は、
*WIN オードリー
リードを着けているルーニーだからWINの毛を噛み付いているくらいだと思っていました。
私は、WINを引っ張って引き離そうとしました。
パパがやって来てルーニーの口を開いて二匹が離れたときホッとしました。
その後、WINは、寝室で静かにしていましたが身体をぴくぴくさせていました。
c0131360_22185861.jpg


翌日、WINの胸の怪我に気が付きヒヤッとしました。

掛かり付けの獣医さんはお休みだったので、
いい先生を知人に教えてもらって病院へ行きました。
化膿が始まっていたため縫合処置は止めて開放処置をすることにしました。
5日分の化膿止めの薬を飲んで様子をみることにしました。

そういえば、二匹を離すときに「クチッ!」っという鈍い音がしたのは
皮膚が破れる音だったのかも知れない
c0131360_22194058.jpg


縫合処置をすることでばい菌を身体に閉じ込める危険性があるのを避けたい
ということでした。
予想どうり傷口は、ふさがりましたが かさぶた状態です。
今、また喧嘩があったら最悪でしょうね
c0131360_22204179.jpg



遊び方を知らないルーニーのために何か考えなくては・・・
パピーの頃、たくさんのワンちゃんと遊ぶ機会があったら良かったんでしょうね
c0131360_22332956.jpg

WINに対してだけだと思います。
しっぽもブンブン振って遊びたい気持ちの現われが行き過ぎた行為になるんでしょう

人間の子供同士がじゃれ合って相手に抱きついたり噛み付いたり引っかいたり・・・ 
そういうことありますよね~
同じだと思います。

今日も元気いっぱいのルーニーです。
[PR]
by win-mama | 2009-06-02 22:34 | E・コッカー